転職の基礎知識
転職基礎知識

スポンサーサイト

  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


転職の面接でのポイント

一次審査が通った転職の面接は、自分のどこをどんな風に評価してもらいたいかを頭の中で考え、さらに自分の経験などについてきちんと応えられるようにしておきます。面接の最後によく、何か質問はありませんか。と聞かれることがありますが、ありませんと言い切る態度は避けたいものです。

転職の面接で転職の理由を聞かれたときには、自分の今までの経験を生かし、更なる発展した仕事への希望を述べることが成功への道につながるでしょう。言ってみれば、自分の今までの仕事を経て、将来的にはこんな風なことをしたい。と自分の目標を明確にすることが大切です。

転職の面接マナーは、入室退室の時の言葉遣いや態度だけでなく、面接官の目をみてきちんと話が出来ているか、また話を聞くときの目線も重要になってきます。面接を受ける人の目を見るだけでも、面接官は人間性を見抜いているといえます。意気込みはこういった態度にも現れてきます。

転職の面接で社風に合う人材かどうかが見極められます。これは、実務能力や、意欲を兼ね備えた上で人間性が問われるのです。立ち居振る舞いや、その人の表情、そして、視線に注意してどのような質問をされてもうろたえることなく、冷静に対処できるように臨まなくてはなりません。


転職の履歴書の書き方

転職の履歴書に必要なのは、応募先の担当者が求めているところをはっきりと書くことです。
採用される履歴書は採用する担当者が、求めている情報が具体的にきちんと書いてあるものです。まずは、その事を考えながら、自分の意欲を十分に発揮できる履歴書を作成しないといけません。

転職の履歴書の写真の服装は、できるだけ絵柄の入っていない無地の服装が好ましいといえます。
さらに、紺や黒といった服装の色は、気持を引き締めてみせる効果もあります。
写真は白黒でもかまいませんが、原則としてカラー写真で撮るのが普通です。スーツ姿で決めたいですね。

転職の履歴書に退職理由を書く欄があるときは、詳細に書くのではなく、自分の都合か会社の都合かだけを書きます。
もともと履歴書には退職理由を詳細に書く必要はありません。
さらに、仕事をしてまだキャリアが浅い場合は新人社員研修の内容を書いても良いでしょう。

転職の履歴書が人そのものを表すとすれば、やはり文字も大切な人柄を表す要素となります。
直接履歴書にペンで書いてしまわないで、鉛筆で下書きをして納得の行くまで書き直しをしたいものです。
そして、職務欄や自由欄の割合分割も履歴書の内容から自分で考えたいですね。


転職情報は自宅に居ながら確認できる

パソコンを通して転職情報を確認する人は激増しています。自宅に居ながら転職情報を確認できるのです。さらに気に入った情報があったら、自宅に居てもパソコンから履歴書職務経歴などを送れるシステムも充実しているのです。またメールで転職相談を受けてくれる転職情報もあるのです。

転職情報で問い合わせたい企業が見つかったのですが、年齢の幅に引っかかってしまった場合でもあきらめず企業側に問い合わせてみてもいいでしょう。その際には企業に訴求するコメントをひとこと添えることで、高感度もグッと上がり、転職の意思をより感じ取ってくれるかもしれません。

転職情報を見ていると、仕事に対しての適正な年齢も確かにあります。しかし良く考えてみると、全く経験のない人より、年齢の幅を多少超えてでも経験や能力があるほうが仕事が順調にすすむこと間違いないのです。転職情報の年齢制限だけであきらめなくてもいいのです。

転職情報を確認するまで出会えなかった職業や会社などあるかもしれません。しかし、応募要件に自分が満たしていなかった場合、応募をすることは可能です。まずは書類通過なのですが、書類通過の可能性を高めるには、自分の可能性を広げられる内容を全て伝え、出来るイメージを相手に持たせることが重要です。


薬剤師の転職の実情

薬剤師になるために国家試験を合格しなければならないのですが、国家試験を受けるにも条件が挙げられます。
それは4年制大学で薬学の正規の課程を修了して卒業した人に限るのです。それが条件となってきます。
そして、薬剤師の転職や仕事の難しさから、2006年度から大学薬学部は6年制に移行することになったのです。

最近では、薬剤師の転職または薬剤師の仕事として、入院患者や在宅患者に対して服薬指導を行う業務等が多様化しているのが現状です。
それは高齢化社会に基づいているものでもあります。
高齢の患者さんを受け入れてくれる病院が定員オーバーになってしまったりすることもあって、在宅患者が急増してきているのです。

薬剤師の転職を専門として応援してくれる人材紹介システムは、もしそこに希望にあった職場がなかったとしても、見つかるまで責任を持って薬剤師の転職をサポートしてくれるのです。
自分で薬剤師の転職先を見つけるには限りがあります。そこでプロに薬剤師の転職をサポートしてもらえたら精神的にも安心できるのです。

薬剤師は患者の体質やアレルギー歴などをしっかり把握しておかなければ薬の調剤はできません。
薬一つで人命に関わる事になるからです。
薬剤師はこれまでの服薬状況等を記録して照合し、疑問があれば医師に相談をするという役割もあるので、薬剤師の転職は慎重性、かつ薬剤師としての即戦力が重要となってくるのです。


医師の転職が増えている理由

医師の転職や離職によって、医師の不足に悩まされている病院では、過重な労働に悩む医師達の負担を減らす事から、救急外来の受け入れをしない病院も出てきました。
救急外来を受け付けないという事は、救急で運ばれた患者さんが救急車でたらいまわしにされるという事も考えられてきます。

医師の転職が増え、同時に医療機関の体制も変化を見せながら、医師は患者を治療しつつ、サービス業としてもやっていかなければいけない状態まできているのが現状です。
医師に課せられた負担は大きくなってきているのです。
医師不足によって病院の質も落ちてしまう可能性があるので、サービス業に徹さざるを得ないのです。

女性医師の転職や離職が増える理由として、体力の限界も挙げられる事でしょう。
物理的に女性医師は男性医師より体力が劣る事は否めません。
そのために当直が続いたり、大学病院での激務にはなかなか対応しきれないのが現状なのです。
この現象を防ぐために厚生労働省は立ち上がったのです。

医師の転職の際には、まずは病院の勤務体制を一番に確認する事をおすすめします。
転職をしようと思った理由に、勤務体制の矛盾や激務が挙げられているはずですから、そこを改善していかなければ、体力的にも精神的にも長く努めていくことは難しい状態になると思うのです。


外資系の転職を希望をする人が増えている

外資系の給与は、年俸制がほとんどです。会社の業績と本人の実績に応じて評価され、給与に反映されるのです。
このやり方に魅力を感じる人が増え、自分の可能性を試してみたいと言う向上心がかきたてられ、外資系の転職に人気が高まってきていると思われます。

外資系の転職を希望をする人が増えていますが、何をもって外資系に転職を考えたのか見直す必要があります。
例えば海外に赴任したいとか、得意な英語を使って仕事をしてみたいなどです。
しかし、外資系といっても規模も様々、色々あります。もちろん中には英語を全く使わない外資系企業も有るのです。

外資系の企業は、完全たる能力重視で給与が決まるので、そのためのプレッシャーもすごく多い事でしょう。
日本の企業と違うところは、年功序列によって給与が決まるということではないと言う事です。
外資系の転職の際には、外資系の企業が自分に合っているのか見直す必要があります。

外資系の転職は、もちろん語学的なことも関わってくると思いますが、その前に能力的に向いているか向いていないかと言う事も関わってきます。
誰かの指示を待ちながら仕事をする人や融通がきかない人、また表現力が乏しい人などは、アグレッシブな外資系の転職には不向きかもしれません。


女性の転職について

出産や育児のような家庭の事情で女性の転職を考える場合、転職の際に仕事と出産、育児を両立できる会社を探すべきなのです。
実際に会社に入社してみないとわからない事はたくさんあると思いますが、ある程度の規定は入社する前からでもわかるし、確認する事も可能です。

女性が一旦現場をリタイヤして、40代頃に転職をする場合、余程のキャリアがない場合は年収が下がる可能性は高いかもしれません。
特に経験がない仕事に女性の転職を考えた場合は、年収が下がる可能性はほとんど正しいと思って、転職活動をした方がいいでしょう。

女性が働きやすい環境を提供してくれるようにはなってきたけれど、果たしてその環境がどのくらいの範囲でおこなわれているのかは甚だ疑問に感じます。
本当に実現されているのであれば、女性の転職や退職を繰り返さなくてもいいことになるのではないでしょうか。

女性の転職を考えた場合、また出産や育児が重なった場合などは、絶対といっていいほど同僚や周りの人に迷惑をかけざるを得ない事でしょう。
そんな時は仕事の能力もさることながら、普段からのコミュニケーションの積み重ねやフットワークの軽さが重要な役割をしてくれるのです。


転職サイトの活用の仕方

転職サイトの利点は、職業安定所では見つからない全国版の仕事が検索できます。
つまり、東京に住んでいる人が、大阪で仕事が見つけたい場合、大阪の職業安定所まで出かけていかなくても、転職サイトで自分に合った仕事を見つけ、連絡をとり面接の日時を話し合うことも可能です。

転職サイトは、10代から30代前後の若い世代のサイトです。
新しいことに十分体が適応していく世代のためのサイトだといえます。
もちろん、シニアの世代の転職もないわけではありません。
けれど、企業が新しいものを生み出す、即戦力として欲しい人材は若い世代が多いようです。

企業自身、人材を求めつつも採用に対する仕事の負担を減らしたいという傾向があります。
最近では、転職サイトの会社に採用の仕事までを任せてしまう会社まであります。
転職サイトに自分の自己PRをかねて、希望する職種などをあらかじめ登録しておくと優先して仕事の斡旋が受けられたりします。

パソコン、携帯の転職サイトはいまや、新しい仕事を見つける人の助っ人となっています。
さらに、経験者を求める企業も増えてきています。技術職のようなスペシャリストの転職情報はたくさんありますが、年齢に制限があるところが多いので、転職サイトがすべての人に当てはまるわけではありません。


転職セミナーに参加することの意味

終身雇用を求めて仕事をするという考えは、ひと昔前の話になりつつあります。
自分の能力を生かせる仕事、自分の可能性にかけたいと思う人が増え、そういった環境に移り変わりたいと希望しているのです。
転職を希望する若者は、今後もますます増えていき、転職セミナーの参加者も増えることでしょう。

例えば、人がやりたがらない仕事をやりたい仕事と言う人がどのくらいいるでしょうか。
そこに罠があるとも考えられます。
やりたい事があるというのは、ある意味逃げ道としても捉えられます。
転職セミナーの参加で、やりたい事とは、やりたい事を探したい願望だという事がわかります。

転職を勘違いしてはいけないのが、転職をしてから自分を分析する事です。
それではいつまでも転職をし続けなければいけなくなります。
良く考えた上で転職をしなければなりません。
転職セミナーに参加する事で今まで自分が気づかなかったことや知らなかった事が発見できるかもしれません。

大半の人が、人生のほとんどの時間を仕事に費やしています。
そんな貴重な時間をどう過ごすかで一生が決まるといっても過言ではないくらい、仕事は重要なのです。
その重要な仕事を一瞬で、自分だけで決めるというのはとても難しいことです。
転職セミナーなどに参加する事で道が開けるかもしれません。


転職の経歴書について

転職の経歴書を作るにあたって、パソコンのA4用紙2枚程度が普通です。
多くても3,4枚でそれ以上はマイナスになります。
経歴書には写真や捺印はいりません。ここでは文書作成能力が問われます。
レイアウトや段落に統一感を持たせると好印象となるでしょう。

書類選考は、転職の経歴書はまず人事担当がチェックをします。
人事担当はここで経歴書が応募条件にあっているかどうか確認します。
さらに転職の回数や経歴の間隙もチェックされます。
その後、担当部門の部長が最終評価を下します。
これは一つの例であり、会社によって審査形式が違います。

転職サイトでは、転職の経歴書のフォーマットが用意されています。
しかも、経歴書を作成して送信すると、数日後にその経歴書が添削されて戻ってくるといったシステムがあります。これらは、転職の専門家が無料でサポートしてくれるシステムです。
こういったサイトをうまく利用すると良いでしょう。

また2,3枚の転職の経歴書の中に納まる程度に、自分の資格や特技を入れます。
この資格や特技は仕事に直接つながらないものであっても、自己啓発の姿勢を評価されることがあります。
資格取得の場合には、何故その資格を取得しようと努力したかなどの背景を明記しておきます。